田聖花(眼科医)の出身大学と高校は?結婚も気になる!夫と子供もリサーチ!

田聖花(眼科医)の出身大学と高校は?結婚も気になる!夫と子供もリサーチ!
この記事の所要時間: 438

 

こんにちは福岡在住の管理人kinoppiです。

今回は眼科医である田聖花(でん せいか)先生をご紹介します。

田聖花先生は、東京都千代田区永田町にある赤坂東急クリニック島崎眼科の角膜移植・白内障手術・ドライアイなどの専門医であり、院長を務めてらっしゃいます。

また、2018年1月22日(月)の19:00からTBS系列で放送される、「名医のTHE太鼓判! 目の寿命は…70歳 スッキリ若返りSP 老眼・近視・白内障」にも出演されます。

そこで今回は、田聖花(眼科医)先生の出身大学と高校、結婚や夫と子供もリサーチ、経歴もチェックしていきます!

スポンサード リンク

出身大学と高校は?

 

田聖花先生の出身大学と高校ですが、田さんの出身は、大阪府大阪市阿倍野区です。

大学は、大阪医科大学を平成8年に卒業されてらっしゃいます。

その後、同大学の眼科学教室に入局し、大学院を修了されています。

出身高校については情報がありませんでしたが、大阪阿倍野区で有名な高校といえば、大阪府立阿倍野高等学校があります。

卒業生には、アナウンサーの故逸見政孝さんや、お笑い芸人の中山功太さんなどがいらっしゃいます。

田先生がこの高校の出身かは不明ですが、大阪出身とあって、とってもユニークな方なんじゃないのかな?と思ってしまいますね。

スポンサード リンク

結婚も気になる!

 

田聖花先生の結婚についてですが、残念ながら結婚されているか?などの情報はありませんでした。。。

年齢ですが、大学を平成8年に卒業されてるということなので、生まれが1974年頃とすると、2018年で43〜44歳頃かと思われます。

結婚してお子さんがいても不思議ではない年齢ですが、見た目も綺麗で若く見えるので、独身だったとしてもまだまだ良い出会いが沢山ありそうですね!

夫と子供もリサーチ!

 

田聖花先生の夫と子供についてですが、こちらも全く情報がなく不明でした。。

お医者様は、お医者さん同士での結婚も大変多いと聞くので、もし旦那様もお医者様だったら、お子さんもすごく賢い子が生まれるんではないでしょうか?

経歴もチェック!

 

田聖花先生の経歴もご紹介しておきます。

前述しましたが、大阪医科大学を平成8年に卒業されたあと、平成15年9月に上京して、東京歯科大学市川総合病院眼科に勤務されています。

ここでは角膜疾患の研修を希望していたことから、歯科大が持っていた総合病院に勤務することになったそうです。

平成16年には医学博士の学位を取得されており、平成22年4月からは同大学の眼科非常勤講師も務めてらっしゃいます。

その後、現在院長を務めてらっしゃる赤坂東急クリニック島崎眼科で週一回お手伝いに通うようになります。

そして、当時院長であった故島崎哲雄先生に依頼されたことから、徐々に勤務日数が増えていきます。

2013年10月に院長先生が急逝されたことから、田先生がが院長の職を継承することになったそうです。

ちなみに島崎クリニックの部長である島崎潤先生は故島崎哲雄先生の息子さんなんだそうです。

島崎潤先生も、多くのTVや雑誌に角膜移植やドライアイなどの分野を中心に活躍されている眼科医です。

現在は東京歯科大学市川総合病院眼科の教授でもあります。

慶応義塾大学卒、ハーバード大学等留学を経て、1998年に現在の地位に就任されています。

赤坂東急クリニックでは週1〜2度程で診察を行っているそうです。

囲碁の腕前がすごく、免状6段、実力8段だそうで、この分野では眼科医で世界一と確信しているそうです。(笑)

息子の潤さんではなくて、何故田さんが院長職に就任することになったのかは明らかにされていませんが、生前故人が田さんをとっても頼りにしていたという経緯があるのかもしれませんね。

田先生の話に戻りますが、現在はご自身のクリニックを持ちながらも、東京歯科大学市川総合病院眼科非常勤講師と南青山アイクリニックにも勤務していらっしゃいます。

大学病院では角膜移植やドライアイの専門外来担当として、提携クリニックの方では、白内障や屈折矯正手術なども行なっているそうです。

すごく忙しくて充実した日々を送ってらっしゃいますね!

眼科の専門医になろうと思ったのは、小さい頃目が悪く、定期的に通っていた眼科の医師が女性で「女性のお医者さん」のイメージと、すごくなじみがあったからだそうです。

お母様が専業主婦だったので「何か手に職をつけたほうがいい」と思って医師になろうと思ったんだそうです。

また、田さんの趣味ですが、スガシカオさんの「マニアと呼べる位ファン」と公言されてらっしゃいます。

1997年のデビュー当時からずっと大ファンで、コンサートにも欠かさず行っているそうです。

ヨガや茶道も習っていて、リフレッシュやメンタルの維持にとても役立っているそうです。

長時間座りっぱなしで診察したり、手術で細かい作業をしたりとストレスも溜まるでしょうから、多趣味なのはいいことですね!

女性院長で才色兼備の眼科医、田聖花先生がどんな目のお話をしてくれるか、放送が楽しみですね!

スポンサード リンク