樹林伸の妻と息子と娘が気になる!年収や自宅もリサーチ!

樹林伸の妻と息子と娘が気になる!年収や自宅もリサーチ!
この記事の所要時間: 618

こんにちは福岡在住の管理人kinoppiです。

今回は、漫画原作者であり、小説家、脚本家でもある樹林伸(きばやししん)さんをご紹介します。

樹林さんは、数多くの漫画原作や小説、脚本のお仕事に携わっている方ですが、実に多くのペンネームを作品で使い分けています。

その為、「えっ!この作品の原作もこの人?!」と言う感じで聞くとびっくりしてしまうくらい、沢山人気作品を世に送り出しています。

主なペンネームと、代表作品は次のようになっています。

・「金田一少年の事件簿」    天樹征丸(あまぎ せいまる)

・「サイコメトラーEIJI」     安童夕馬(あんどう ゆうま)

・「GetBackers-奪還屋-」    青樹佑夜(あおき ゆうや)

・「神の雫」    亜樹 直 (あぎ ただし  姉・樹林ゆう子さんとの共通ペンネーム)

・「アソボット戦記五九」     有森丈時(ありもり じょうじ)

・「エリアの騎士」        伊賀大晃(いがの ひろあき)

・「BLOODY MONDAY」     龍門諒(りゅうもん りょう)

小説家としては天樹征丸、本名の樹林伸名義で、作品を発表しています。

樹林さんは1962年に東京都で生まれます。

2018年で56歳ですが、見た目ダンディです!もっと若く見えますね!

1987年、早稲田大学政治経済学部を卒業後、株式会社講談社に入社しています。

「週刊少年マガジン」の編集に携わり、12年間勤務したのち、1999年、37歳の時に独立します。

なんと「MMR マガジンミステリー調査班」の主人公である「キバヤシ隊長」のモデルとなった、あのキバヤシさんです!

そう聞くと、ピン!と来る人も多いんじゃないでしょうか。

編集者時代には、クレジットには載っていませんでしたが、樹林さんが多く原作に携わった作品があるそうです。

その頃の担当作品は「シュート!」や「GTO」など、大人気作品で、ほとんどがテレビドラマ化されているものばかりですね!

そこで今回は、そんな大人気漫画原作者樹林伸さんの妻と息子と娘についてや、年収や自宅もリサーチしていきます!

スポンサード リンク

妻と息子と娘が気になる!

 

樹林伸さんの妻と息子と娘さんについてですが、奥様と息子さんについては明らかになっていません。

有名人なので、プライベートはあまり公表されないのかも知れませんね。

ただ、娘さんがいらっしゃることはご本人がコメントされています。

2015年に発売された、ニンテンドー3DSソフト「ファイアーエンブレムif」の脚本原案の依頼を受けた樹林さんは、多忙すぎていた為、100%断ろうと思っていたそうです。

そこで当時高校生だった娘さんが「やったほうがいい」と背中を押してくれたんだそうです。

ソフトの開発前段階で高校生だったということなんで、現在は成人されている可能性も高いですね!

スポンサード リンク

年収や自宅もリサーチ!

 

樹林伸さんの年収や自宅ですが、数多くの連載を抱えている樹林さん、ちょっと想像出来ないくらい稼いでらっしゃいそうですが、一般的に言われている漫画の印税は売り上げの10%なんだそうです。

そして、漫画家と原作者は取り分が50%ずつと言われているそうです。

もちろん発行部数に応じて印税割合も違ってくるそうなので、低くて4%位から、高くて12%くらいまでもあると言われています。

樹林さんがどのくらいの割合かは不明ですが、ネットの情報ですと、年収5,000万くらいなのではないかと言われています。

ただ、漫画だけでなく、小説やドラマの原作など、お仕事が多岐に渡りますので、実際は億単位で稼いでいるのではないでしょうか。

すごく、夢のある話ですね!!

夢のある話といえば、樹林さんの自宅には物凄くどでかいワインセラーがあることで有名です。

漫画「神の雫」がワインの話であるように、樹林さん自身も相当なワインコレクターであることで有名です。

今は全部でなんと4,000本ほどにもなるそうです!!

「神の雫」は、樹林伸さんと姉である樹林ゆう子さんの共通ペンネームである「亜樹 直(あぎ ただし)」名義で書かれた作品です。

この作品は、「ワイン本場であるフランス人も知らない知識が出てくる」と大好評でした。

2010年にワイン専門誌が、日本人初の「今年の特別賞(最高賞)」に選出、また、2012年にはフランスの農事功労賞シュヴァリエ、2016年5月には「2016年アジアン・ワイン・パーソナリティ」賞を受賞するなど、ワイン発祥の地からも人気の作品です。

また、2007年には、日本でのワイン普及貢献を称えられ、ボジョレワイン騎士団と言うところから「騎士号」と言う称号も贈られています。

元々、樹林姉弟が「神の雫」を書くことになったきっかけは、樹林さんの家で開いたワインパーティーで飲んだという「DRCエシェゾー85年」だそうです。

DRCエシェゾーとの出合いを、姉ゆう子さんは「飲んだ瞬間、全身を雷で打たれたような衝撃を受けた」とおっしゃっています。

その時から二人は、もっとすごいワインに出会いたい!と次から次へとコレクションを始め、ワインセラーまで買い足していったんだそうです。

やがて家族の反対にあって、ワインの為に広い部屋、広い部屋へと移り住んでいきます。

現在の住まいがどこにあるのか、どれくらいの広さかは不明ですが「手狭になったので売った」と言われる、樹林さんが以前住んでいた豪邸が今でも売りに出されていて、ネットで見ることも出来ます。

場所は東京吉祥寺の閑静な住宅街の中にあります。

外見は南欧風のとても素敵な海外の住宅って感じです。

広さは、土地面積330.59m2(100坪)、建物面積は394.19m2(119坪)と大豪邸です!

手狭って一体どんな状態のことを言うんだ!と一般人ならキレてしまいそうですが、樹林さんなら納得かもしれません。

間取りは、4LDK+S(納戸)とありましたが、さらに次のような設備もあります。

グランドピアノが置けるシアタールーム

ベネチアングラスのモザイクが使われているプール

アトリエ

ガレージ(余裕で3台は停めれます)

実際の写真を見たら、本当に羨ましくてため息が出てきます。。

元々は4億だったらしいんですが、現在は2億9800万という価格で販売されているそうです。

多分、かなりお得感があるんでしょうが、桁が違いすぎて安さがよくわかりません。(笑)

今のところはまだ売りに出ているようなので、お財布に余裕があれば、是非見に行ってもらいたいですね!

そんなワイン王の樹林伸さんが、2018年1月25日(木)24時58分~25時28分放送の「ゴロウ・デラックス【漫画原作者・樹林伸のワイン御殿でワイン会!後編】」に出演されます。

今回は前回に引き続き、樹林さんの御自慢のワイン御殿で、希少な高級ワインの開栓をゴロウちゃん達におねだりされちゃうそうです。

他にも一流漫画原作者の面白いエピソードが飛び出すかもしれません、放送が楽しみですね!

スポンサード リンク