乙訓高校野球部のメンバーを紹介!監督とピッチャーにもフォーカス!

乙訓高校野球部のメンバーを紹介!監督とピッチャーにもフォーカス!
この記事の所要時間: 440

こんにちは。

毎日寒い日が続いてますが、いかがお過ごしでしょうか?

早く暖かい春になって欲しいものですね。

今回は、春夏通じて初の甲子園出場を決めた、乙訓(おとくに)高校野球部をご紹介します。

「乙訓」は「おつくん」と読みがちですが、「おとくに」と読みます。

名前が珍しいので記憶に残りやすいですよね。

乙訓高校は京都府長岡京市にある府立の高等学校で、乙訓とは長岡京市含む2市1町で構成する地区の名称なんだそうです。

野球部は1964年の学校創立とともに発足しましたが、創立以来54年目の悲願の初出場となります!

乙訓高校がある京都府内には、龍谷大学付属平安高校を始め、野球では私立の強豪校がひしめき合う激戦区です。

そのため、府立高校が甲子園に出場するのはまさに「神の領域」と言われていました。

過去20年を振り返っても、私立は36回に対し、府立は6回と言う出場成績なんだそうです。

そんな厳しい状況の中、乙訓高校は2010年に「スポーツ健康科学科」と言う府内で一つだけの体育系専門学科を設置します。

府立校でありながら、天然芝のグラウンドや雨でも練習できる室内練習場などを完備し、私立校に負けない練習環境を整えました。

また、学科でトレーニング法や栄養学まで学べることから選手自身の意識も高まり、さらに府内のすべての地域から優秀な選手も集まってくるようになり、ともに練習することで全体のレベルも上がっていくようになったそうです。

その環境の中で実力をメキメキとあげ、秋季近畿高等学校野球大会では智弁学園などを破りベスト4、 秋季京都府高等学校野球大会は優勝と、私立の名だたる高校と互角に戦い結果を残しています。

そこで今回は乙訓高校野球部のメンバー紹介と、監督とピッチャーにもフォーカスしていきます!

スポンサード リンク

野球部のメンバーを紹介!

乙訓高校野球部のメンバーをご紹介します。

2017年の秋季近畿大会時のメンバー一覧と出身中学校です。(学年は繰り上げています。)

川畑大地/3年生/京都市七条中

薪谷 宗樹/3年生/京都市山科中

大西陽大/3年生/宇治市宇治中

松本竜次郎/3年生/長岡京市長岡第三中

中川健太郎/3年生/京都市蜂ケ岡中

大上翔也/3年生/京都市八条中

浅堀大暉/3年生/京都市中京中

伊佐駿希/3年生/京都市双ヶ丘中

宮田康弘/3年生/城陽市東城陽中

富山太樹/3年生/ 京都市周山中

長谷川諒/3年生/ 京都市伏見中

嘉門凌大/2年生/ 京田辺市田辺中

秋山隆太朗/3年生/亀岡市詳徳中

茨木祐哉/3年生/京都市勧修中

片岡正之介/3年生/京都市大淀中

山根慎輔3年生/長岡京市長岡第三中

山本レオ3年生/京都市音羽中

工藤裕貴/3年生/京都市伏見中

メンバーのほぼ全員が京都出身の中学です。

私立では遠方からの野球推薦入学などもよくありますが、それが無く地元出身者のみで構成されたチームで強豪校に立ち向かっているところもすごいですね!

スポンサード リンク

監督とピッチャーにもフォーカス!

乙訓高校野球部の監督とピッチャーをご紹介していきます。

市川靖久監督

野球部監督ですが、2015年に就任した、市川靖久さんという方です。

市川監督は小学校2年生から野球を始めました。

鳥羽高校野球部では主将をつとめ、2000年春の選抜大会はベスト4に入ります。

また、2000年の夏季甲子園にも出場しますが、惜しくも3回戦でサヨナラ負けと言う結果になってしまいます。

その時に、「また甲子園に来たい」と言う思いから、指導者を志したそうです。

その後、2005年~2015年までの10年間は北稜高校の監督を経て、2015年4月から乙訓高校の要請を受け監督に就任しました。

指導の基本は「選手の人間性の育成」で、「野球から離れたとき、社会に通用する人間になってほしい」と言う思いを込めて指導にあたっているそうです。

2018年の目標は「夏の甲子園で勝つ」だそうです。

市原監督の手腕が楽しみですね!

ピッチャーにも注目選手が2人います。

富山太樹投手

1人目は富山太樹投手です。

180cm80kgの左投左打のプロからも大注目の選手です。

富美山選手は私立の強豪校の誘いを断って乙訓高校に入学したんだそうです。

左腕ながらも140km近い球速を計測するストレートと、コースに投げ分ける力を持ちます。

秋季大会ではエースナンバーを川畑選手に譲りましたが、2人共にチームの大黒柱となっており、切磋琢磨しあっています。

川畑大地投手

もう一人は昨年秋季大会で、富山選手から背番号1を奪った右腕の川畑大地投手です。

173cm68kgの右投右打の選手で140キロオーバーのストレートが大きな魅力です。

また、スライダーは用途によって球速を変えて使い分けるという技巧派でもあります。

果たして選抜ではどちらの選手がエースナンバーを付けるのか、要注目です。

第90回の記念大会となる、選抜高等学校野球大会は平成30年3月23日(金)~4月4日(水)までの13日間で開催されます。

組み合わせ抽選会は3月16日(金)となります、今から楽しみですね!

スポンサード リンク