ゾラニ・テテ(11秒KO)の経歴やファイトマネーは?妻や子供についても調査!

ゾラニ・テテ(11秒KO)の経歴やファイトマネーは?妻や子供についても調査!
この記事の所要時間: 538

 

こんにちは福岡在住の管理人kinoppiです。

皆さんボクシングはお好きでしょうか?ボクシングと言えば第36代日本ライトフライ級王者である井上尚弥選手は有名ですね!

ボクシング史上初めて高校生にして7つのタイトルを獲得したことや、プロ転向後に8戦目にして2階級制覇したことは国内最速記録として知られている方も多いを思われます。

そして世界ではまた最速記録の更新がありました!

2017年11月18日にイギリスのベルファストで行われた世界バンタム級タイトルマッチで、世界タイトルマッチKO記録が塗り替えられました。

その世界王者の名前はゾラニ・テテ(Zolani Tete)という選手です。

気になる記録はなんと、史上最速の11秒KOです!

信じられない速さで対戦相手のシボニソ・ゴニャ(Siboniso Gonya)をリングに沈め、歴史に名を刻むことになりました。

動画で確認してもあっという間に終わるので、一体何が起こってKOになったのかよくわからないまま試合が終了します。(笑)

試合の詳細を確認すると、試合開始5秒でゾラニ・テテが右フックを放ち、6秒後にはゴニャが失神、レフェリーが試合を止めたということです。

文章にしてもあっという間に終わる位、よほど強烈な右フックだったんでしょう。

テレビ局に対して、「このファイトに向けて懸命に準備してきた。ゴニャはそうはもたないと思っていた」とコメントしたとのことです。

また試合前には「とても短い夜になるでしょう。もし私がゴニャに対し距離をとった戦いをするなら、それだけで私の負けです。」と、試合結果を予告したと言われるコメントもしていたようです。

めちゃめちゃかっこいい試合結果ですが、この試合のプレミアシートに座っていた人やPPV(ペーパービュー)で視聴権を買って見ていた人達の気持ちを思うと・・・つい自分の払った金額を11秒で割って視聴料の計算をしてしまいそうです。。(笑)

ただ、歴史的な瞬間に立ち会えた!という感動には浸れそうですね。

試合の序盤だからと席を外していた人が居ないことを願うばかりです。。

前置きが長くなりましたが、今回はそんな驚異的な記録を出した世界王者、ゾラニ・テテの経歴やファイトマネー、妻や子供についても調査します!

スポンサード リンク

経歴は?

 

ゾラニ・テテ(Zolani Tete)は、1988年3月8日生まれ、現在29歳のプロボクサーです。

南アフリカ共和国の東ケープ州ムダントセーンというところの出身です。

身長が173cmに対し、リーチが182cmと長いサウスポーですが、71%という高いKO率を生み出すパンチ力あります。

愛称はラスト・ボーン(Last Born)と呼ばれており、意味は「天性最後の逸材」。

愛称までかっこよすぎますね!!

現在はフランク・ウォーレン主催のクィーンズ・ベリー・プロモーションズに所属しています。

デビュー戦は2006年ですから、プロとしては11年目のキャリアですね。

戦績は?

 

ゾラニ・テテの戦績についてですが、現在までの総試合数29に対して、26勝3敗という結果です。

そのうちKO勝ちはなんと21ですから、スピードだけでなく力も技もある選手であることが伺えますね!

獲得タイトルは次の通りです。

WBF世界フライ級王座

WBOアフリカフライ級王座

IBF世界スーパーフライ級王座

(防衛1のち、指名挑戦者のマックジョー・アローヨとの対戦交渉が決裂したため返上。)

WBO世界バンタム級暫定王座→正規王者

(防衛は0、正規王者だったマーロン・タパレスが体重超過で王座剥奪となり、暫定王者から正規王者に認定)

WBO世界バンタム級王座(防衛1)

2006年のデビュー戦からわずか10年程でこれだけの戦績とタイトルを獲得し、世界最速KO記録まで塗り替えてしまうなんて、ラストボーンと呼ばれるのも納得です!

ちなみに これまでの世界最速KO記録は、1994年のWBOスーパーバンタム級タイトルマッチで記録された17秒ということで実に23年ぶりの快挙です。

世界中が沸くのも当然ですね!

スポンサード リンク

ファイトマネーは?

 

ゾラニ・テテの気になるファイトマネーですが、世界チャンピオンのタイトルマッチともなれば、1試合1000~5000万ほどにもなるとか。

タイトルを防衛し続ければ、億単位の収入も稼ぐことが出来ますね!

さらに世界王者となれば、もちろんCMやテレビへの出演、その他イベント、メディアなどからのオファーも増え、露出も多くなり、収入も右肩上がりです。

今回のテテに関しては通常のタイトル防衛に加え、史上最速KO記録もあります。

11秒という記録は中々塗り替えられることはないでしょうから、伝説の人として更に爆発的に人気が出るでしょうね!

今後のタイトル防衛に関しても多くの視聴者が興味を持ち、PPVなど高い視聴率が期待されることでスポンサーも増え、放送権料自体がアップするとファイトマネー自体も上がる、という凄い金額になってきますね。

ちなみに「地球が揺れる日」とも言われ、2015年の5月に行われたメイウェザー対パッキャオ戦では、ファイトマネーとPPVでの報酬が300億円以上だったそうです。

経費で何割か差し引かれたとしても、莫大なファイトマネーが払われたことが予想できますね!

テテも今後、そんなビッグ・スターになっていく予感がします!

妻や子供についても調査!

 

ゾラニ・テテの妻や子供についてですが、残念ながら結婚しているか、などの情報は得られませんでした。。

タイトルを獲得して安定を得られる様になるまでが非常に厳しいと言われるボクシングの世界なので、今まではプライベートに余裕がなかったかもしれません。

ただ、年齢も29歳とのことで、結婚していたり彼女がいたりしていてもおかしくはないので、これからまたそういった情報が出て来るかもしれませんね!

もし子供がいたら、テテジュニアもいつかリングに上がる姿が見れるかもしれません。

非常に楽しみですね!

史上最速KOという偉業を成し遂げた、ゾラニ・テテ、これからの活躍にも期待大です!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサード リンク