新元号2019年は…ズバリコレ! 

生活

 

新年明けましておめでとうございます。

1月に入りいよいよ寒さが際立ってきましたね。

 

2019年と言えば今話題となっているのは平成が終わり、元号が変わることです。

私は昭和なので2つ世代が変わってしまいます。

感覚的には大正時代の人と同じですね、若い人からすればいよいよ昔の人と思われるのでしょうね。

 

さて平成31年1月4日に安倍総理より正式に発表があり2019年4月1日に新元号の発表が行われます。

今回の改元は天皇の逝去ではなくあらかじめ期日が定まった退位に元づいて行われます。

いままでの発表形式とは違い、新元号発表などの日程を事前に政府、与党関係者が公の場で明確にしたのは初めてのことです!

公表後は5月1日の新天皇即位と同時に施行、改元される見通しです。

 

ここで今回の本題なのですが元号を予想したいと思います。

これまでに新元号の予想ランキングではいろいろな元号が予想されています。

新元号は2019年5月以降どんな元号になるのでしょうか?

スポンサーリンク

新元号を決めるルールとは?

 

まず新元号を付ける際には4つのルールがあります。

 

・国民の理想が表されていて、良い意味を持つもの

・漢字2文字であること

・書きやすい

・読みやすい

 

国民にとって書きやすい、読みやすいは大事ですね!

また明治・大正・昭和・平成の頭文字の

M  ・T ・ S  ・H は使われません。

 

履歴書や身分証明書などで間違わないようにするためです。

新元号予想

 

これまでに某元号総選挙予想サイトでのランキングでは

1位「徳愛」

2位「元元」

3位「元天」

4位「永天」

5位「天天」

 

そしてSNSのランキングでは

1位「平和」

2位「和平」

3位「安久」

4位「未来」

5位「自由」

と予想されています。

 

元号の頭文字を記号であらわすとT・G・A・Y・H・M・Jですね。

頭文字のM・T・S・Hを省くと「G:元」「A:永・安」「J:自」が残りますね。

ただしこれは明治の元号から考えられた予想であり過去の元号頭文字を念頭に置いて考えられていません。

645年の大化から1926年の昭和までに登場した全元号を調べてみた結果、吉野朝時代の京都方の元号も含めて249字です。

そしてこれらの音をアルファベットに置き換えてかつM・T・S・Hを除くと「K・E・O・A・N」が残ります。

だいぶ絞られてきましたね。

それらから考えると「安久」「永天」もありえる話かもしれません。

ただし他の予想で見間違えない頭文字候補として「K」があげられています。

 

それでは本題に入りますが私の予想する新元号はズバリ

「光明」

です!

 

Kから予想する元号とランキングを照らし合わせると「光明」が一番に候補になります。

平成が終わり少し寂しい気持ちもありますが、新元号でもより良い時代にしていきたいですね。

さて、平成31年4月1日の発表が楽しみですね!

 

新元号は令和でしたね

 

ご愛読いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました